現代を生きる上で欠かせない効率的なストレス解消法は「ゲーム」である

みなさんはゲームをされますか?

現代社会ではゲーム市場が年々増加傾向にあります。

それはゲームをする人が増えていることを意味しています。

「何故人はゲームをするのか?」

そう考えたことはありますか?

何も生産的でないし、ディスプレイの前にずっと閉じこもっている人を見ると、こんなの何が楽しいの?なんて思う人もいますよね。

まあ気持ちは分かります(笑)

ゲームをやったことがない人がよく口にする「それ何が残るの?」なんて問いは最もだと思いますし。

ですが、ゲームは何も現実世界に残らないからこそ「最高のストレス解消法」たりえていることをご紹介したいと思います。

煩わしい現実と一線を画す世界

ゲームは現実世界に干渉してきません。

こちら側が干渉しなければ。

当たり前っちゃ当たり前。

ただし注意点があります。

最近に限ってはそうでもないんですよ。

良い意味でも悪い意味でも現実世界に干渉してくるようなゲームも出てきました。

それが今流行りの「ソシャゲ」です。

このソシャゲのシステムがいやらしく、プレイヤーに日々のストレス解消を与える部分も大きくありますが、半ば義務としてやらなければいけない部分がたくさんあります。

例えばログインをすることでもらえる報酬。

あの報酬は結構豪華なものが貰えたりと毎日のストレス解消となっている方もいるかと思います。

ですが、ゲームに飽きてしまった場合、ログインという行為がストレス解消から義務へと変わってしまいます。

また、飽きていなかったとしても、毎日欠かさずログインをしなければいけません。

この半ば束縛みたいなものが現実世界への干渉です。

周回イベントでこれをしなければレアアイテムが貰えませんよ!っていうのを打ち出された日にはゲームに時間を割かなければいけません。

やりたくないのにゲームのためにやってしまう。

これじゃ何のためにゲームやってるんだよ!!って話です。

ですのでストレス解消にゲームをやるならコンシューマ(家庭用据え置きゲーム)がいいです。

自分の好きな時に好きなだけしたいですもんね!

科学的に証明されている

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが2014年に実施した研究で、研究者たちが491人の対象者を調べたところ、1週間でゲームに費やした総時間(主にファーストパーソン・シューティングゲームとアクションゲーム)と、「仕事関連のストレスからの全般的な回復」との間には相関関係があることが分かりました。

life hackerさんより

ゲームをすることと、ストレスに対処する方法は高い相関関係にあるそうです。

ゲームは精神安定効果も見込まれ、鬱患者などの治療にも役立つレベルです。

科学的に証明されていたのは個人的に意外でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です