【白猫】コロプラが任天堂から特許権侵害で訴えられ、44億もの損害賠償どころか配信差し止めも

まさかの事態。

詳細は以下を参照してください。

 

コロプラ<3668>は、本日(1月10日)、12月22日付で特許権侵害に関する訴訟を任天堂<7974>より提起され、1月9日に訴状内容を確認したことを発表した。

(以下、適時開示資料より)

1.訴訟が提起された年月日及び裁判所
(1)訴訟が提起された年月日:平成29年12月22日
(2)訴訟が提起された裁判所:東京地方裁判所

2.訴訟を提起した者の概要
(1)名称:任天堂株式会社
(2)所在地:京都府京都市南区上鳥羽鉾立町11番地1
(3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 君島 達己

3.訴訟内容
(1)訴えの内容
特許権侵害に基づく損害賠償請求
特許権侵害に基づく弊社アプリ『白猫プロジェクト』の生産、使用、電気通信回線を通じた提供等の差止請求等

(2)訴訟の目的物および価額
損害賠償請求:44億円及び遅延損害金
差止請求の対象アプリ:白猫プロジェクト

4.訴訟の原因及び提起されるに至った経緯
任天堂株式会社(以下、「任天堂」といいます。)から平成28年9月に、当社のゲームが任天堂保有の特許権を侵害するとの指摘がありました。それ以来、1年以上にわたり時間をかけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明してまいりました。
しかしながら、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至ったものです。

5.今後の見通し
当社は、当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針です。
なお、本件が当社グループの業績に与える影響を現時点で見通すことは困難でありますが、今後開示すべき事項が発生した場合には速やかに開示いたします。

(44億円+遅延金の損害賠償)と(白猫プロジェクトの配信停止)を要求してるわけですが、これ簡単に言うと

「コロプラ〇ねやこら(#^ω^)」

ってことですからね。。

44億円の損害賠償+αなんて去年で低空飛行しまくった白猫ですら1年で149億円稼いでますから(ファミ通さん参照)払えなくはなさそうですけど、白猫プロジェクトが配信停止になったらコロプラからすると大ダメージどころではないですよ(;´・ω・)

慌てたのかコロプラは、訴訟を出された三日後から知的財産全般を担当する求人を(2017/12/25~2018/3/25)の期間で募集してます。(詳細はこちら

誰か任天堂を倒してくれ」というのが伝わってきます(笑)

 

一方の任天堂側は「任天堂法務部」が担当します。

この任天堂法務部について調べてみると、徹底した調査と訴えに屈しない姿勢で数々の裁判で勝訴を得てきているらしく、長年にわたって任天堂の財産を守ってきただけの実力があるそうです。

有名なのは、ドンキーコングが映画「キングコング」のパクリなんじゃないかと訴えられた事件です。最終的にこの事件は別物であると判決が下され、逆に名誉棄損で訴え任天堂が約160万ドルの損害賠償を勝ち取りました。

そんなところに目をつけられてしまったわけです(-“-;A …アセアセ

当然、勝訴するだけの要素を携えているのでしょうね。

任天堂側は今回の訴えで5個もの特許侵害があるとしています。

そのうちの一つが「ぷにコン」とみられるものだそうで、これが侵害に当たるとなると「白猫プロジェクト」だけでなく「白猫テニス」、「バトルガールハイスクール」、「ドラゴンプロジェクト」なども配信停止に追い込まれる危険性があります。

そして一番の問題は課金制度であるソシャゲの実態を突いた任天堂の上手な訴え方です。

それは訴えの一部に「白猫プロジェクトの配信停止」と書くことです。

実際に配信停止まで追い込まれることは、まずないと思います。

ですが、ユーザーはどう思うでしょうか?

配信停止の可能性があるアプリにお金をつぎ込みますか?

決してそういう人は多くないでしょう。

ここが任天堂の一番の狙いじゃないかと個人的に思ってます。

話が飛びますが、任天堂の家庭用ゲーム機が不振を振るっており、その原因がソシャゲであることは明白です。

そのソシャゲで成り上がった筆頭がコロプラでしょう。

任天堂からすると面白くないし、よくは思われていないでしょうね。

そんな会社が自社の権利を侵害されたとなったら

「お、あいつらつぶせるかもしれんな。」

と思われても仕方ないのかもしれません。

本来は水面下で行われるべき話し合いも一年で折り合い付かずに、コロプラにとって致命的な要求をするところを見ると確実に嫌われてるとは思います(笑)

なんにせよ、この配信停止要求が白猫プロジェクト並びにプニコンを搭載しているすべてのゲームに悪影響なのは間違いないでしょう。

ただでさえコロプラは2018年低収益を見積もっているのにこの仕打ちは、、(*ノωノ)

まとめ

だらだらと脈絡もない文章になってしまいました(;^ω^)

唐突な「コロプラ」VS「任天堂」

正直楽しみなところがあります(おいっ)

自分としては白猫プロジェクトは配信停止して欲しくないし、任天堂も好きなので双方が得する結果が理想ですね。

具体的にはプニコンを任天堂も使えるようにする代わり、あのクソみたいな操作性の「どう森ポケットキャンプ」をどうにかして欲しいです(笑)

まあコロプラからするとたまったもんじゃないですけどねww

任天堂を本気で怒らせた結果はどうなるのか非常に興味深い所です。

 

最後まで見てくださった方ありがとうございます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です