【白猫テニス2018総評】ゲーム性の崩壊を招いた運営が自虐ネタに走る。

Twitterで運営が自虐ネタに走ってました。

この記事でも僕は言ってますけど白猫テニスはユーザーにバラまかないとユーザーの維持が出来ていなかったんですよ。

それもほんの一時。

賢いユーザーは直ぐにこのゲームの行く末を悟り早々に離れていきました。

特に今年のユーザー維持率はガクッと落ちたでしょうね。

なにせアホ程インフレしてたもんで。。

まじでバランス調整に関わってるやつらに言いたいんだけどさ、、馬鹿しかいねえのか??

売り上げは上がるよそりゃあ一時的に。

ただそれももう限界を迎えたのが2018年の白テニといった印象。

自分も愛着あるゲームだっただけに前半はやってましたが、巨人が出たりエンマミューエ出た辺りからようやく気付いました。

これやるだけ時間の無駄だわ

どの対戦ゲームも基本的にやりこむほどうまくなるけど、これは苦痛ともいえるシングルスイベントをこなして得るキャラに頼るか金積むしかないもん。

小学生でもわかるわ。

こんなゲームうまくなっても無駄だって。

こんなゲームやっても楽しくないって。

タウンで交流ある人達も徐々に辞めていきログインするだけのゲーム。

キャラゲーして勝ってもつまんねえし相手に申し訳ねえわ。

こんだけインフレさせておいてキャラ調整する意味ある?時間かけて神気開放作る意味は??

 

白猫本家も大概だけど最近はHELLの二人協力出したりと面白い動きをするからまだやりがいありますよ。

もうコロプラIPで強力なのって白猫しかないんだからテニスでその格を落とす位ならやめちまえよ。

もう改善する気はないんだなって思うと悲しみ通り越して怒りしか湧いてきません。

少々荒い言葉を使いましたがこれが自分の本音です。

アプリ消すことはないんでこれからもログインするつもりですが、この現状から察するに2019年の白猫テニスはさらに過疎化するでしょう。

もう期待するのはやめました。それが2018年の白猫テニスに対する評価です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です