スポーツから学ぶ「協力型対戦ゲーム」の面白さ

ゲームの面白さとは?
なんでゲームは面白のか?
みなさん一度は考えたことがあるかと思います。
この記事では今現在普及しているスポーツの性質からゲームというものが何故面白いのかということを解説していきます。

まずゲームとは大きく分けて3つの種類に分けられるものです。
「対戦ゲーム」と「協力ゲーム」の大きく二つに分けられ、対戦ゲームの枠組みの中に「協力型対戦ゲーム」というものがあります。

注:一人用のゲーム(RPGとか)は今回は省いてます。スポーツでこれらに該当するものが無いため

これらをスポーツに当てはめた時に一番面白いゲームの種類が見えてきます。
それは「協力型対戦ゲーム」です。
これは今現在流行っているスポーツが証明しています。

どういうことかというと、人気スポーツと言えばサッカー、野球、バスケを想像しますよね?

それらに一様に共通するゲーム性の種類が「協力型対戦」なんです。
特に世界から愛されて止まない世界一のスポーツは圧倒的にサッカーであることは明白です。

一方で「対戦ゲーム型(非協力)」としては水泳や陸上、テニス(シングル)などが挙げられますがどれもめちゃくちゃ人気ってほどではないですよね。(まあこれらのスポーツにも厳密には団体戦があるんですがそれは置いておきます)

じゃあなんで人気があるスポーツには対戦協力型であるのか?
答えは簡単で対戦というシンプルに面白いゲーム性に協力という高度な要素が加わることで様々な勝ちパターンが生まれるからなんです。

人が何に面白いと感じるか知っていますか?
それは経験したことがないことを学習する時です。

その点で1人でやる対戦ゲームにはパターンが少ないです。
つまりすぐに飽きやすいんです。
飽きにくくするには様々な工夫が必要でめちゃくちゃ頭を使います。
だから人気があまり出ない。

その点で対戦協力型のスポーツは様々なパターンを起こせます。
これはやってる人もそうですが見ている人も面白いんです。

これが対戦協力ゲームが流行る理由です。

ここで本筋であるゲームに話を戻します。

以上からゲームでも対戦協力型のゲームが最も面白いのではないかというのが僕の考えです。

1対1の対戦型ゲーム(例:シャドバ)は工夫をしなければ飽きやすく、協力型のゲーム(例:モンハン)は敵がコンピューターなのでいずれ勝ち筋が攻略されパターン化される傾向にある。
対戦協力型(例:PUBG)は敵が人なので勝つパターンは無数にあり決まっていない。そして協力要素もあるので本当に様々なことが起こる。

つまりゲームの面白さ的には協力対戦型が飽きにくく人気が出るということが見えるはずです。

任天堂のマリオの生みの親である宮本茂さんのセリフを借りると、

河津 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』は画面の前で最大4人で遊ぶという形式ですが、オンラインでつないでもっと多人数で遊ぶということは考えていましたか?
宮本 大勢で遊ぶのが面白いなら、オンラインでもっと増やしてみたらもっと面白いと思います。しかし、そういうゲームを作れる人はたくさんいると思うんですね。自分の作れるものの量って決まっていますよね。だから、任天堂として(オンラインで多人数で遊ぶゲームを)作ることになったなら、「誰かが作ったらいいのに」とか思うかもしれない。それが上手な人はたくさんいるので、僕は「その場で一緒に遊ぶ人たちがコミュニケーションできるゲームを作っていこう」とずっと思ってきました。これからはちょっと分からないですが。
もう1つは「ゲームデザイナーとして対戦に逃げてはいけない」というのがあります。対戦したら何でも面白いですよね。どんぶりとサイコロが2個あったら、もう無人島にいても大丈夫ですよね(笑)。人間って不思議なんですけどね。僕はそんなのやってないですけど、例えばサイコロを振ってゾロ目が出たら勝ちとして、100円玉を置いてサイコロ振って、次の人もまた100円玉を置いてサイコロ振って、100円玉が積み上がってきたらドキドキしますよね。

itmediaさんより引用

こんなことを仰るくらい対戦ゲームというものは面白いんですよね。

というか面白くなるといった方が近いかもしれません。

なのでこの方はこうも仰っています。

ゲームデザインではそういうものも利用するのですが、本質的にはその人が面白いものを見つけてきて紹介するというのがゲームデザインと思っています。だから、任天堂で対戦ゲームを作る時には、「対戦したら面白いから、対戦せずに作れよ。対戦せずに作った方が、最後対戦したらすごい面白くなるから」と言います。そういう意味では、ネットワークありき、マルチプレイありきを前提にスタートするのは、ちょっと自分の逃げのような気もして微妙なところです。

つまりゲームを作る側としてはゲーム性を持たせた協力対戦ゲームを作ったら最強なんです。

まとめ!

これらから協力型対戦ゲームが一番面白いという結論に僕はなりました。

もちろん人それぞれ面白さは違うので何とも言えない所ですが、この対戦形式が一番ポテンシャルを持っていると思います。

これからの時代はこういうゲーム形式が最先端を行く時代が来ると思います。

現にPUBG、FORTNITE、APEXとかそういうバトロワ系の協力対戦ゲームが流行りまくってますしね。

最後まで見てくださった方ありがとうございました¡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です