ゲームを1人でやりたい人の考えを書く

昨今のゲームだと完全一人プレイというゲームが減ってきましたよね。

どのゲームにもマルチ前提のゲームバランスというか、システムが組み込まれています。

それが悪いという訳ではないのですが、やはりゲームでもソロでやりたい時があるといいますか、、

自分自体はマルチプレイの方がソロプレイよりも楽しいと感じることが多いです。

でも、時にはソロでやりてえな~ってことがあるんですよね。

そんな時は友達の誘いを断ってソロプレイに勤しむなんてこともあります。

でもこれって、マルチ絶対主義者の人からすればソロプレイをしている人の考えって意味わかんないと思うんですよ。

だってみんなとやった方が面白いのに1人でやるなんてってなりますよね・・

なので今回は、このソロプレイを好む人の考えを書いていこうと思います。

ソロプレイを好む人の3つのパターン

ソロ3つのパターン
他人に迷惑をかけたくない
自分の成長効率を下げられたくない
人間関係に全く興味がない

ソロプレイを好む人は上記の3つのうちいづれかまたは複数の点で当てはまると思います。

上から順に見ていきます

他人に迷惑をかけたくない

自分のプレイヤースキルや装備に自信が持てない人は、他人とゲームをしても足を引っ張ってしまうのではないか?などと考えてしまい、協力プレイで一緒に遊びたかったとしてもソロプレイをしてしまう人が居ます。

誘われても、どうせ自分が入ったって足手まといになってしまうと考えたり、対戦系ではどうせ相手に勝てないからつまらないという感じで断ってしまう人が居るでしょう。

こういう心理でソロプレイの方が気楽で楽しいという人がいます。

ただ基本的には誘われた場合ならそういうことは気にせずに純粋に楽しめばいいと思います。

自分はどちらかというと次の理由でソロプレイを好む時があります。

自分の成長効率を下げられたくない

先ほどの迷惑をかけたくないタイプとは真逆で、迷惑をかけられたくないタイプです。

協力プレイなどで誘われた時に、どうしても仲間がいると効率が落ちる場合があります。

それは、他人と自分は100%意思疎通出来ていないからです。

あと、4人とかでマルチする時は、1人位装備が整っていない人が居るでしょう。

そうした場合なんかは、その人の装備の素材を集めようとなってかなり時間がかかります。

結果的にマルチの場合、自分の成長効率を考えたなら余り美味しくない状況があるので、自分が一目散に成長したいタイプはこのような理由でお誘いを断ることがあります。

モンハンなんかがこの傾向ありますね。

人間関係に全く興味がない

当たり前ですが、人間関係に全く興味が無い人はマルチプレイする意味がないですよね。

他人に興味がないなら、わざわざ人を誘うなんてことはしないですし必然的にソロプレイになります。

まとめ

なんか書いてたらソロプレイを批判的にしてしまった気がするのですが、自分はソロプレイの方がマルチプレイよりもゲームの本質を楽しみやすいと思っています。

マルチは人間関係のいい部分の恩恵を受けているからソロプレイより楽しく感じるだけですしね。

ゲーム本来の持つ面白さを味わうにはソロプレイも必要になることがあると思うので、使い分けていけたらいいですよね!

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です