【LG gramレビュー】使用歴1年弱の自分がこのPCの凄さをご紹介します!

この記事を書いている2018年5月2日時点で、約1年の使用歴となったこのLGgramをご紹介したいと思います。

ちなみに自分が使っているモデルは14インチの2017年モデルです。

ではこのPCの何が凄いのかを見ていきましょう!

圧倒的な軽さ

まずこのPCの特徴を挙げるなら、軽さでしょうね。

現環境だと最軽量の986g(※2017年モデルです)

この1㎏を切る重さがどれくらい凄いかというとなかなか表しにくいのですが、、

写真のように片手で持てます。

ほんとに無理とかは全然していなくて、こればかりは実際に店頭で持ってもらった方が良いです

まあ約1㎏なので1リットルの紙パック牛乳みたいなものと考えて頂ければいいのかな。。

ただ体感だとそれよりも軽く感じます(笑)

よく自分はリュックサックに入れて持ち運ぶのですが、本当にPCが入ってるのか分からないレベルで軽いです。

バッテリーが恐ろしく持ちます!

普通のノートPCだと薄くて軽いとバッテリーが弱かったりするものですが、このPCは恐ろしく持ちます。

個人的には5時間も持ってくれたら必要十分だったのですが、明るさ50%で体感10時間は持ってくれます。

こんなに軽くて薄いのにどこにそんなパワーが詰まっているのか不思議です。。

薄くてかっこいい

見てくださいこの薄さとカッコよさ。

個人的にデザインはmacよりも好きです!

画面が綺麗

発色が良く特に紫色の表現が上質で美しいと思います。

YouTubeなどやサイトを見ているときも十二分の性能を発揮してくれます。

また、光量も十分で明るい太陽光の下でも文字が見やすく快適です。

ただmacbookproには少し劣るかなとは思いました。

画面がワイド

ベゼルが細いため、実質15インチの画面を備えるこのPCは、十分な画面の大きさを確保しています。

小さい文字なども見やすく長時間の作業に向いていると思います。

キータッチが快適

よくある薄いPCにありがちなぺらっぺらなキーボードではなく、ちゃんと押した感じがつかめる仕様となってます。

キータッチ音も静かで周りに迷惑をかけるようなこともないでしょう。

では次にこのPCのデメリットを解説していきたいと思います。

キーボードがUS配列

初めはUS配列にとまどうと思われます。

例えばかな文字変換の時、初期設定ですとAlt+~キーだったりといちいち二つのボタンを同時押しいしなければ変換が出来ません。

ただ2018年春モデルは日本語配列になったそうでこの不安はなくなりましたね!

カメラが酷い

内カメラがここについているのですが、ほとんど使ったことがないです。

位置が悪く画質もよくないのでSkypeなどをPCでしたいという方には向かないかもしれません。

無理な持ち方をすると再起動をすることがある

これはたまにですが起こります。

恐らく触れてはいけないところに負荷がかかったためだと思われますが、これはよくわからないですね。

まとめ!

この製品がいかに優れているかがお分かりいただけたかと思います。

薄くて軽いのに駆動時間は恐ろしく長く、ビジュアルやキータッチに優れています。

(インカメラ以外の)全てが高水準であるため買って間違いないと思われます。

自分はもし今使っている2017年モデルがぶっ壊れたら、間違いなくこの後継機を買います(笑)

LG gramにはまだまだ進化していってもらいたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です