【HUAWEI MediaPad M5 8.4 レビュー】安さには理由がある

自分はメイン機にiPadPro10.5を使っているのですが、大きすぎて外に持ち出しにくいと感じており、7インチ辺りで持ち出ししやすいタブレットを探していました。

そんな中、自分が選んだのはHUAWEI MediaPad M5 8.4インチモデルでした。

8.4インチありますが、ベゼルが恐ろしく細いのでとてもいいサイズ感です。

一応iPadとの比較画像も置いておきます。

サイズだけで見たらはっきり言って満点を与えたい程に満足しています。

ではタイトルに書いた「安さには理由がある」とは一体何なのか?

それがメインに伝えたいことだからタイトルにしたのですが、このタブレットは外観やスペックだけでは測れない、実際に使ってみないと見えてこない問題点があるからなのです

半年間使ってきた中で感じた、このタブレットの悪いとこ、そして良いところも書いていき、購入の参考にして頂けたら幸いです。

実際に使ってみて感じたHUAWEI MediaPad M5 8.4の悪い点

スピーカーの音質が非常に悪い

このように上下に穴が開いているスピーカーが付いているのですが、その音質が非常によろしくないです。
籠ったような音を出して聞き取りづらく、音を上げなければ何言ってんのか分からないなんてことも・・
屋内ならともかく、屋外で音を出そうとすればより聞き取りづらくなり、はっきり言って使えたもんじゃありません。

Bluetoothの最大音量が低い

このMediaPad M5にはイヤホンジャックがありません。

なので音を聞こうとするとスピーカーかBluetoothイヤホンの二択なんですが、スピーカーはゴミなんでイヤホンを使うしかないのですが、まず最大音量が低めです。
自分の場合、音楽をよく聞くので音量を大きくすることがあるのですが、MAXにしても物足りないことがあります。
まあ普通の人なら普段使いで問題ないレベルですが、EDMなどの低音ドンドン系の音楽好きな人からすると明らかに足りないと思います。
イヤホンによっては多少MAX音量が違うでしょうから何とも言えませんが、自分が使っているJabraElite65tでは物足りなかったです。

Bluetoothの遅延がある

動画をBluetoothイヤホンで聞いていると明らかに遅延があります。
体感1秒くらいでしょうか。少なくとも普段iPad使ってる身としては擁護できないレベルの遅延です。
当然荒野行動やPUBGmobileなどの音が大事になってくるゲームでは使えたもんじゃないです。
(まあ上二つのアプリは重すぎて使えたもんじゃないんですけど)
動画を見る分にもやはり違和感を感じてしまいます。

YouTube動画が5分に1回ほど乱れる

これはこのタブレットで一番ストレスを感じる部分でもあります。
動画を再生していると、何故か動画が急に止まりそして3秒後くらいにスキップされます(笑)
スキップと言っても、画面が急に変わるのではなく急に10倍速位に加速して動画が止まっていた分早送りされる感じです。

特に通信が悪いと頻繁に起こります。
このタブレットの魅力でもある画質の高さを動画では活かしきれません。
この現象はYouTube以外でもDアニメストアなどでもありました。
対処法としては、あらかじめ動画をダウンロードしておくと、その現象は起きません。

アプリが頻繁に止まる

特にネットを使うアプリでよく起こります。
自分の場合、YouTubeアプリでもっとも多く止まりますね。
スペックが足りないというよりは、アプリ側と端末との間の整合性が低いために起こるものと思われます。
逆に軽いゲームやTwitter、プラウザ系のアプリ(CHROMEなど)では一切起きません。

このタブレットに動画部分で期待してはいけない

悪い点の大半は動画に関する部分です。
逆に言うならば、動画以外の点に関して自分はこのタブレットに大きな評価を与えたいと思います。
半年間使ってきてよかった点を今から書いていきます。

HUAWEI MediaPad M5 8.4の良かった点

良かった点
・とにかく綺麗(文字も見やすい)
・バッテリー持ちが異常
・(軽い)アプリの立ち上げ速度が非常に速い(ipadpro10.5と同レベル。重いアプリは差が出る)
・軽くて薄い
・ケースとフィルムが最初から付属している(普通のタブレットよりも2000円ほどお得と考えてよい)
・指紋認証が爆速

良い点は簡単にまとめさせて頂きましたが、これらから言えることが「究極のサブ端末」としての使い道をおススメします。
メイン端末としては少々おざなりな点が目立ちますが、20000円台で購入できるタブレットとしては処理性能が非常に高く、めっちゃくちゃ綺麗で、バッテリーが異常に持ちます。
そして薄くて軽い。バックに一台忍ばせておいても全く邪魔にはならないでしょう。
用途を選べば、最高にコスパの良い端末になります。

まとめ!

この端末を買って後悔したかと言われれば、初め動画部分に期待していた自分としては後悔した時期もありました。
ただ、この端末の良い点も見えてきて使い方を工夫するようになってから、めちゃくちゃ便利な1台へと進化しました。
メイン端末にしたい方にはおすすめしませんが、サブ端末をお探しの方で動画部分以外の部分に価値を見出せる方には自信をもっておススメしたいと思います!(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です